2010年/日本/カラー/128分/
配給:㈱キットクルー

2010年10月、浜松にて先行ロードショー
お台場シネマメディアージュ:4/16(土)〜4/28木)13:00【振替上映】
TOHOシネマズ流山おおたかの森:4/9(土)、4/10(日)10:15/13:00【振替上映】、4/11(月)〜 4/15(金)13:00/18:25【振替上映】

(c)2010「青い青い空」製作委員会

公開初日 2010/10/予定

解説


映画「青い青い空」は、ロケ地・浜松で2010年10月、先行公開され、3ヵ月を超えるロングラン上映、2万人もの観客が劇場に足を運んだ。上映終了後は何度も拍手がおき、地元新聞でも大きく取り上げられた。

現代を生きる少女たちの「孤独」や「切なさ」が、観ている人の胸を打つ。後半50分は感動の連続。
観客から「ここまで泣けるとは思わなかった!」「とにかく泣ける!」と評判が広がったのだ。

次世代を担う若手俳優陣に加え、松坂慶子、長門裕之、藤田朋子らベテラン勢が脇を固め、物語を盛り上げている。監督は「ストロベリーフィールズ」の太田隆文。

ストーリー


だけど、振り返ると友達がいた。

主人公は5人の女子高生。母と1年以上も話をしない真子(相葉香凛)、芸能界を夢見るみさと(草刈麻有)、誰とも口を聞かない三美子(橋本わかな)、ダイエットに夢中のトン子(田辺愛美)、そして、帰国子女で他人を見下しているミチル(平沢いずみ)仲がいいとは言えないそんな5人が、高校生活を通して少しずつ絆を築いて行く。片思い。実力テスト。部活。熱血先生(波岡一喜)との出会い。夢破れた日。母と喧嘩した日。厳しい現実に打ちのめされたとき。でも、そんなとき振り返ると、そこに友達がいた。
今を生きる10代の気持ちを描いた、感動の青春ストーリー。

スタッフ

監督・脚本:太田 隆文
プロデューサー:稲葉大輔、川原正一、太田隆文
撮影:三本木久城

キャスト

相葉 香凛
草刈 麻有
橋本 わかな
田辺 愛美
平沢 いずみ
富田 佳輔
波岡 一喜
袴田吉彦
鈴木砂羽
奈佐健臣
藤田朋子
塩見 三省
長門 裕之
松坂 慶子

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す