歌舞伎座さよなら公演 記念ドキュメンタリー作品

2010年/日本/カラー/2時間47分/
配給:松竹

2011年1月15日(土)全国ロードショー

公開初日 2011/01/15

配給会社名 0003

解説


歌舞伎座の全てを捉えたドキュメンタリーが誕生—。
市川團十郎、尾上菊五郎、片岡仁左衛門、坂田藤十郎、中村勘三郎、中村吉右衛門
中村芝翫、中村富十郎、中村梅玉、坂東玉三郎、松本幸四郎(五十音順)11人の語り手ほか、歌舞伎俳優総出演。

ようこそ、知られざる世界へ。
2009年、歌舞伎座の建替えによる休場が決まり、歌舞伎座さよなら公演が始まった。刻一刻と休場へと向かう中、数々の名舞台が生まれ続けた。その舞台に出演した名優たちが歌舞伎座への想いを語る。役への一念、受け継がれてきた名跡と芸、初舞台や思い出の舞台、先達の言葉、さらなる目標へと向かう志……。本作で初公開となる稽古風景や舞台の制作現場、楽屋の様子などと共に、歌舞伎の真髄に迫る。
そして最後の時、2010年4月30日がやってくる。集結した役者、観客、関係者ら全員の万感の思いと共に、歌舞伎座は幕を閉じる。新しい時代へと向かって—。
※2013年春、五代目の歌舞伎座が完成予定です。

○登場演目(五十音順)
『一谷嫩軍記 熊谷陣屋』いちのたにふたばぐんき くまがいじんや
『妹背山婦女庭訓 三笠山御殿』いもせやまおんなていきん みかさやまごてん
『祝初春式三番叟』いわうはるしきさんばそう
『浮世柄比翼稲妻 鈴ヶ森』うきよづかひよくのいなづま すずがもり
『女殺油地獄』おんなごろしあぶらのじごく
『海神別荘』かいじんべっそう
『仮名手本忠臣蔵 三段目 四段目』かなでほんちゅうしんぐら さんだんめ よだんめ
『勧進帳』かんじんちょう
『祇園祭礼信仰記 金閣寺』ぎおんさいれいしんこうき きんかくじ
『黒塚』くろづか
『恋飛脚大和往来 封印切』こいびきゃくやまとおうらい ふういんきり
『暫』しばらく
『春興鏡獅子』しゅんきょうかがみじし
『新皿屋舗月雨暈 魚屋宗五郎』しんさらやしきつきのあまがさ さかなやそうごろう
『心中天網島 河庄』しんじゅうてんのあみじま かわしょう
『菅原伝授手習鑑 寺子屋』すがわらでんじゅてならいかがみ てらこや
『菅原伝授手習鑑 道明寺』すがわらでんじゅてならいかがみ どうみょうじ
『助六由縁江戸桜』すけろくゆかりのえどざくら
『曽根崎心中』そねざきしんじゅう
『種蒔三番叟』たねまきさんばそう
『壇浦兜軍記 阿古屋』だんのうらかぶとぐんき あこや
『天守物語』てんしゅものがたり
『野田版 鼠小僧』のだばん ねずみこぞう
『慙紅葉汗顔見勢 伊達の十役』はじもみじあせのかおみせ だてのじゅうやく
『英執着獅子』はなぶさしゅうじゃくじし
『藤娘』ふじむすめ
『平家女護島 俊寛』へいけにょごのしま しゅんかん
『弁天娘女男白浪』べんてんむすめめおのしらなみ
『本朝廿四孝 十種香』ほんちょうにじゅうしこう じゅっしゅこう
『文珠菩薩花石橋 石橋』もんじゅぼさつはなのしゃっきょう しゃっきょう
『雪傾城』ゆきけいせい
『雪暮夜入谷畦道 直侍』ゆきのゆうべいりやのあぜみち なおざむらい
『義経千本桜 川連法眼館 蔵王堂花矢倉』よしつねせんぼんざくら かわつらほうげんやかた ざおうどうはなやぐら
『義経千本桜 大物浦』よしつねせんぼんざくら だいもつのうら
『頼朝の死』よりとものし

ストーリー



スタッフ

監督:十河壯吉
撮影:柏原聡
照明:藤井克則
音楽:土井淳

キャスト

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す