2009年、韓国で400万人もの観客を動員した 最高のアクション・ラブコメディーがついに日本上陸!

2009年/韓国/112分/カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD 配給:エスピーオー

2013年11月22日よりDVDリリース 2010年12月18日(土)より シネマート六本木・シネマート心斎橋、ほか全国ロードショー

(C)DCGPLUS / SPLUS ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED

公開初日 2010/12/18

配給会社名 0116

解説


情熱的でセクシーな主人公・ジェジュン役には『映画は映画だ』で、韓国のアカデミー賞と呼ばれる大鐘賞映画祭 新人男子賞など4冠を獲得したカン・ジファンが努め、ヒロインを名実ともに韓国を代表する女優キム・ハヌルがハードなアクションに初挑戦しています。

ストーリー

スジは国家情報院、国内産業保安チーム所属要員となって6年目のベテランであり、ミッション成功率100%が自慢だ。だが、正体を明かすことはできない 特殊な職業柄、彼のジェジュンにさえ嘘をつかざるを得ない。 一方、長い間スジの怪しい嘘に疲れ果て、電話一本で別れを告げてロシアに留学したジェジュン。 3年後、表面上は国際会計士として戻ってきたが、実はスジと同じ国際情報院の海外部門所属要員となっていた。 そして、初めての任務中、ジェジュンはホテルの清掃員姿のスジと出会う! 3年振りの再会に心が揺れる二人——。 だが、また別の日には遊園地で妊婦姿のスジを発見する。 やっぱり何かがおかしい!お互いの正体を知らない二人にある事件が起きる! 2009年、韓国で観客動員400万人を記録した大ヒット作がついに日本上陸!

スタッフ

監督:シン・テラ

キャスト

カン・ジファン キム・ハヌル チャン・ヨンナム リュ・スンヨン ほか

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す