2011年/日本/カラー/??分/
配給:松竹

2011年4月29日(祝・金)全国ロードショー

公開初日 2011/04/29

配給会社名 0003

解説



直木賞作家・角田光代の衝撃のベストセラー小説、
待望の映画化!
全ての女性たちに贈る、ヒューマン・サスペンスの最高峰

どしゃぶりの雨の中で起きた誘拐事件。
犯人は父の愛人。
連れ去られたのは、私。
私はその人を、本当の「母」だと信じて生きてきた。

直木賞作家・角田光代が手掛けた初の長編サスペンスであり、最高傑作の呼び声高い「八日目の蝉」。第2回中央公論文芸賞を受賞し、各メディアから絶賛と驚愕をもって迎えられたベストセラー小説が、『孤高のメス』の成島出監督によって、遂に映画化される。

不実な男を愛し子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻との間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子と その誘拐犯に愛情いっぱいに4年間育てられた女、秋山恵理菜。実の両親の元に戻っても普通の生活は望めず、心を閉ざしたまま大学生になった恵理菜は、ある日、自分が妊娠したことに気づく。相手は、希和子と同じように家庭を持つ男だった。
過去と向き合うために、かつて母と慕った希和子と暮らした小豆島へと向かった恵理菜が、そこで知った衝撃の真実とは?

主役の恵理菜役には、大ヒット作『花より男子ファイナル』『僕の初恋をキミに捧ぐ』などに主演し、人気、実力共にトップ女優の地位を獲得した井上真央。対する希和子役には、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で07年の映画賞助演女優賞を総なめにした永作博美。そして、恵理菜の幼なじみに小池栄子、我が子との4年間を奪われた実の母親役に森口瑤子が配された他、劇団ひとり、風吹ジュン、田中哲司、市川実和子、平田満、田中泯、余貴美子ら実力派俳優が集結。2011年GW、究極のヒューマン・サスペンスが誕生する。

ストーリー


スタッフ

監督:成島出
原作:作家角田光代氏ロングセラー小説。第2回中央公論文芸賞を受賞
脚本:奥寺佐渡子

キャスト

井上真央
永作博美
小池栄子
劇団ひとり
田中哲司
森口瑶子
風吹ジュン

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す