2012年/日本/カラー/113分/
配給:東京テアトル

2012年2月18日より全国ロードショー
2012年2月11日より有楽町・スバル座先行ロードショー

(C) 2012「ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター」製作委員会

公開初日 2012/02/11

配給会社名 0049

解説


バラバラな家族、嫌みな姑、離婚、社宅生活の近所の目……女性たちが抱えるリアルな悩みと日常の閉塞感、やるせない心情。女性なら、誰もが「あるある、そういうこと」と思わず共感してしまうテーマに、ロックバンドという痛快なモチベーションをプラス。個性豊かな中年女達が慣れない演奏に四苦八苦し、それぞれの悩みと向き合い、ぶつかり合いながら、ロックという夢を通して大切なものに気づき、輝きを取り戻していく。彼女たちの姿に、ときには笑い、ときにホロリとさせられる。そして最後にはスカッとした気分を味わえること間違いなしの、大人のガールズムービー誕生です。

原作は五十嵐貴久のベストセラー青春小説「1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター」。監督は『僕らのワンダフルデイズ』で巧みな人物描写を見せた、星田良子。主題歌には、いまなお絶大な人気を誇るZARDの「あの微笑みを忘れないで」を起用。エンディングの余韻を特別なものにしています。

ストーリー




自分では一生懸命やっているつもりなのに、家族や社会にはなかなか認めてもらえない。一見、幸せな奥様に見える40代の主婦、美恵子の心はフラストレーションではちきれそうだった。自分に無関心な夫、引きこもりの娘、嫌みな姑……。私だって疲れるわよ! そんな美恵子がコンビニでパートを始めたことをきっかけに、同じく悩める3人の女たちと意気投合。4人の鬱屈した気分を打ち破ったのは「私たち、ロックバンドやっちゃおうよ!」という大胆な思いつきだった。ディープ・パープルのあの名曲「スモーク・オン・ザ・ウォーター」を、「演奏できたら気持ちいいんだろうなあ」というつぶやきが、彼女たちを駆り立てたのだ。そんな4人に、高校のチャリティ・コンサートの出演話が舞い込んで、テンションは最高潮に。しかし、ひとりを除いてはまったくの初心者。しかもそれぞれ問題を抱えた4人が、一回限りの演奏を成功させることはできるのか!?

スタッフ

プロデューサー:井口喜一
原作:五十嵐貴久『1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター 』
脚本:神山由美子
撮影:川田正幸
照明:高山喜博
録音:関根光晶
美術:古谷良和

主題歌:『あの微笑みを忘れないで』  唄:ZARD

キャスト

黒木瞳
木村多江
山崎静代
真矢みき
六角精児
栗咲寛子
太田基裕
相島一之
赤座美代子
佐野史郎
西村雅彦

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す