ウルトラマンシリーズ45周年記念劇場映画

2010年/日本/カラー/??分/
配給:松竹

2010年12月23日(木・祝)より全国公開。

(C)2010「ウルトラマンゼロTHE MOVIE」製作委員会

公開初日 2010/12/23

配給会社名 0003

解説


ウルトラセブンの息子である最新ウルトラヒーロー「ウルトラマンゼロ」を主人公として描かれる本作では、昨年公開された『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』にて大暴れした史上初の邪悪なウルトラマン「ウルトラマンベリアル」が、強大な銀河帝国を築き「銀河皇帝カイザーベリアル」としてさらに邪悪にパワーアップして登場!
若きヒーロー・ウルトラマンゼロが歴代ウルトラ戦士や新たに登場する仲間たちとともに、宇宙制覇を目指すカイザーベリアルの野望に立ち向かいます。

 本作でウルトラマンゼロは勇敢な人間の青年「ラン」と出会い、一体化することで初めて「人間体」として活動することとなります。
ウルトラマンゼロの人間体でもあるランを演ずるのは187cmの長身と精悍なマスクが魅力的な実力派若手俳優・小柳 友(こやなぎ ゆう)。
ウルトラセブン同様に両目に装着する「ウルトラゼロアイ」での変身シーンも大きな見どころです。

ランの弟の少年「ナオ」役として、NHK大河ドラマ「龍馬伝」にて坂本龍馬の幼少期を演じて話題となった、濱田 龍臣(はまだ たつおみ)。TV「ウルトラマンメビウス」などを観て育ち、ウルトラマンの大ファンだという濱田龍臣が、ウルトラマンゼロとともに冒険を繰り広げるナオ少年を元気いっぱいに演じます。

彼らと冒険をともにする惑星エスメラルダの王女「エメラナ姫」役は、土屋 太鳳(つちや たお)。「龍馬伝」にて龍馬の姉・坂本乙女の幼少期を演じており、濱田 龍臣と2度目の共演となります。

ストーリー

スタッフ

プロデューサー:隠田 雅浩
監督・脚本:アベ ユーイチ 
制作:円谷プロダクション
製作:「ウルトラマンゼロ THE MOVIE」製作委員会
配給:松竹

キャスト

小柳友
濱田龍臣
土屋太鳳

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す