19年ぶりに、ガンダム新作がスクリーンに登場!

2010年/日本/カラー/??分/ 配給:松竹

2010年12月25日よりDVDリリース 2010年9月18日(土)より全国ロードショー

©創通・サンライズ・毎日放送

公開初日 2010/09/18

配給会社名 0003

解説


昨年誕生30周年を迎え等身大ガンダムに415万人を動員するなど、いまだ‘燃え上がり続ける’ガンダム。
31年目に突入した2010年、21世紀ガンダムとして全く新しい設定と、進化したモビルスーツアクションが
話題を呼んだTVシリーズ『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』(07年10月〜08年3月、08年10月〜09年3月放送)の完結編が、劇場版として9月18日より全国ロードショーされることになりました。(配給:松竹)
ガンダムシリーズとしては、『機動戦士ガンダムF91』(91年)以来約19年ぶりの完全新作ストーリーとなります。また、本作は「ガンプラ」30周年のメモリアルイヤーとも連動、夏以降様々な話題を提供していきます。

ガンダム00 ポイント
●「人はなぜ分かり合えないのか?」をテーマに1979年の放送開始以来、31年間‘戦争’という人類の戦いを描いてきたガンダムシリーズだが、00にはガンダム史上初で最大の敵が登場する。その秘密がこのビジュアルにも隠されている
●宇宙世紀を使用してきたガンダムシリーズだが、00では初めて西暦を使用。映画内では、西暦2314年が舞台となっている。
●現代から300年後に想定される紛争や勢力分布など緻密にシュミレーションされた世界が舞台となっており、リアリティある設定となっている。(協力:岡部いさく氏)
●音楽は、THE BACK HORNとUVERworldのW主題歌決定!
●新しすぎて、ここからでも十分入れるガンダムです!

ストーリー

24世紀初頭、突如として姿を現した私設武装組織「ソレスタルビーイング」。 彼らはガンダムによる戦争根絶を掲げ武力介入を開始、一時は組織壊滅の危機を迎えながらも、争いの絶えなかった世界を急変させた。地球連邦政府の成立。その後の独立治安維持部隊アロウズの専横による戦争状態を経て、武力に頼らない社会を選択するに至った人類だったが、西暦2314年、再び危機が訪れる。130年前に廃船となっていた生体反応の無い木星探査船が地球圏に接近してきた。それは、人類の存亡をかけた戦いの始まりを告げる船だった・・・戦いの中、人類の水先案内人たる革新者(イノベイター)へと進化したソレスタルビーイングのガンダムマイスター、刹那・F・セイエイ。彼は、新たな危機の中で、自らの進化の本当の意味と直面する。果たして、イオリア計画の最終段階とは。そして、「来るべき対話」とは一体何なのか——

スタッフ

原作:矢立 肇、富野由悠季 監督:水島精二 副監督:角田一樹、長崎健司、名取孝浩 脚本:黒田洋介 キャラクターデザイン:高河ゆん、千葉道徳  メカニックデザイン:海老川兼武、柳瀬敬之、寺岡賢司、福地仁、鷲尾直広、中谷誠一 音楽:川井憲次 企画・制作:サンライズ イメージソング:「CHANGE」UVERworld/Sony Music Records.    配給:松竹

キャスト

刹那・F・セイエイ:宮野真守 ロックオン・ストラトス:三木眞一郎 アレルヤ・ハプティズム:吉野裕行 ティエリア・アーデ:神谷浩史 デカルト・シャーマン:勝地涼 古谷徹

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す