2010年/日本/カラー/103分/
配給:クロックワークス

2010年08月27日よりDVDリリース
2010年5月1日(土)よりシネ・リーブル池袋ほかにて全国順次ロードショー

2010 Mizuki Nomura / PUBLISHED BY ENTERBRAIN, INC. / “文学少女”製作委員会

公開初日 2010/05/01

配給会社名 0033

解説


『わたしは物語を食べちゃうほど、深く激しく愛している“文学少女”よ』Production I.Gが思春期の揺れ動く透明感を映像化!
宮沢賢治「銀河鉄道の夜」をモチーフに、少年少女たちの心の奥に蠢く光と影を紡いでいく—。
大人気ライトノベル原作の劇場版アニメーション「劇場版“文学少女”」が、早くもブルーレイ&DVDでリリース!
心葉が心の奥に封印した誰にも言えない秘密とは—。美羽が問いかける「カンパネルラの望み」とは…?物語をこよなく愛する“文学少女”天野遠子が読み解いていく悲しく儚い物語…。その先に見えた本当の幸いとは…?
累計210万部突破の青春ミステリーの金字塔、大人気ライトノベルズ「“文学少女”」の劇場アニメ作品。
『本当の幸いは何なのか…。みんな、幸いの地を目指す巡礼のようにそれを求め、歩いて行く。』

ストーリー




文芸部に所属する井上心葉の望みは、何事もない平和な毎日。
“文学少女”を名乗る物語を食べる風変わりな先輩、天野遠子に振り回されながらも
穏やかな毎日を過ごしていた。
幼なじみの少女・美羽と偶然、再会するまでは…。
謎めいた美羽の言動に翻弄される心葉。彼女が投げかけた「カムパネルラの望み」とは何なのか? 
過去の闇にとらわれた少女。過去の闇に立ち向かおうとする少年。
進むべき道に迷い、立ちすくみ傷つけあうふたりに、“文学少女”遠子が優しく温かく語り始める。
二人を待つ「本当の幸い」とは何かを——。

スタッフ

原作:野村美月 『“文学少女”シリーズ』(エンターブレイン ファミ通文庫刊)
キャラクター原案:竹岡美穂
監督:多田俊介
アニメーション制作:Production I.G
配給:ティー・オーエンタテインメント/クロックワークス
製作:“文学少女”製作委員会

キャスト

(声の出演)
朝倉美羽:平野綾
天野遠子:花澤香菜
井上心葉:入野自由
琴吹ななせ:水樹奈々
櫻井流人:宮野真守
芥川一詩:小野大輔

ほか

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す