第60回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門(Kplus)ノミネート作品

2010年/日本/カラー/??分/
配給:アニプレックス

2011年02月09日よりDVDリリース
2010年6月26日(土)より 新宿バルト9、シネ・リーブル池袋、
渋谷シネクイント、立川シネマシティほかにて全国ロードショー

(C)A-1 Pictures/「宇宙ショーへようこそ」製作委員会

公開初日 2010/06/26

配給会社名 0610

解説


文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞したテレビシリーズ『かみちゅ!』から4年、舛成孝二監督が満を持して送り出す劇場オリジナルアニメーション!それが『宇宙ショーへようこそ』だ。
舛成監督初の劇場作品となる本作のため、脚本の倉田英之、キャラクターデザインの石浜真史、音楽の池 頼広らをはじめ、現在のアニメーション界をリードする気鋭のスタッフが集結!
また制作は新進ながら『おおきく振りかぶって』『黒執事』など人気作を多数発表し、注目を集めるA-1 Pictures。こちらも初の劇場作品制作にあたり万全の体制と並々ならぬ熱意で取り組み、魅力的なキャラクターたちとその独創的な世界に命を吹き込んで、観る者を圧倒するハイクオリティな映像を作り上げた。
こうして生み出された本作『宇宙ショーへようこそ』は、「理屈抜きで楽しめる作品を目指した」との舛成監督の言葉を裏付けるかのように、公開前から国内外で話題を呼び、すでに世界三大映画祭のひとつベルリン国際映画祭のジェネレーション部門にノミネートされるといった快挙を成し遂げ、話題作揃いの2010 年夏公開作品の中でも、際立った存在感を示している。
世界中のあらゆる世代に熱い興奮と深い感動を約束する宇宙一のエンタテインメント『宇宙ショーへようこそ』、新しいアニメーションの歴史が、ここから始まる!

ストーリー


美しい自然に囲まれた小さな村、村川村。小学校の全校生徒は、町から転校して来たばかりの小山夏紀を入れてもわずか五人。
それでもみんな仲良く元気に毎日を過ごしていた。そして毎年恒例の子どもだけの夏合宿のさなか、裏山で傷ついた犬を見つけた夏
紀たちが、学校へ連れ帰り手当てをしたところ、
「ありがとう、おかげで助かりました」
「!」
なんとそれは犬ではなく、はるか2100 万光年離れた惑星プラネット・ワンからやって来た宇宙人、ポチだった。“ズガーン”という植物の
研究のため、地球を訪れた彼は、ズガーンを狙う密猟団と戦い、何とか追い返したものの、自分も傷を負ってしまったのだという。何か
お礼がしたいとのポチの申し出に、夏紀たちは修学旅行の代わりに、みんなをどこか遠くへ連れて行って、と頼む。すると……
「了解した。では人類の最長記録、月まで案内しよう」
「月いいっ!?」
ポチの案内で一同が着いた先は、奇妙で不思議な宇宙人たちでにぎわう月面都市“グレート・ビギナー”。地球とは何もかもちがう
その光景に初めはとまどったものの、すぐに慣れた夏紀たちは宇宙一の人気番組「宇宙ショー」の鑑賞にショッピング、ゲームセンターや
観光地めぐりなど、月での楽しみを満喫する。だが帰りの便を手配してきたはずのポチの口からは意外な一言が。
「事情が変わった……地球へ帰れなくなった」
合宿が終わるまで、あと一週間。小学生五人と一匹の宇宙をめぐる大冒険が今はじまる!

スタッフ

監督:舛成孝二
脚本:倉田英之
キャラクターデザイン・作画監督:石浜真史
場面設計:竹内志保
メカニック作画監督:渡辺浩二
プロダクションデザイン:okama、神宮司訓之、竹内志保、渡辺浩二
サブキャラクターデザイン:薮野浩二、森崎 貞
演出:畑 博之
色彩設計:歌川律子
美術監督:小倉一男
CG監督:那須信司
撮影監督:尾崎隆晴
編集:後藤正浩
音楽:池 頼広
音響監督:菊田浩巳
録音調整:名倉 靖
音響効果:倉橋裕宗
原作:ベサメムーチョ
制作:A-1 Pictures
製作:「宇宙ショーへようこそ」製作委員会
配給:アニプレックス

キャスト

小山夏紀:黒沢ともよ
鈴木 周:生月歩花
原田康二:吉永拓斗
西村倫子:松元環季
佐藤 清:鵜澤正太郎
ポチ・リックマン:藤原啓治

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す
http://www.uchushow.net/twitter/
http://twitter.com/uchushow

ご覧になるには Media Player が必要となります