木村拓哉inヤマト!! 日本人の夢と希望を背負い、映画史上最大のプロジェクトが宇宙へ!

2011年/日本/カラー/138分/ 配給:東宝

2011年06月24日よりDVDリリース 2010年12月1日公開 全国東宝系

(C)2010 SPACE BATTLESHIP ヤマト 製作委員会

公開初日 2010/12/01

配給会社名 0001

解説


1974年放送のTVアニメ「宇宙戦艦ヤマト」。壮大なスケールとストーリー、斬新な設定とダイナミックな映像で、ブームは社会現象と化した。アニメ放送から36年目となる2010年。あらゆる映画人が夢見て成しえなかった実写映画化が、主演に木村拓哉を迎えてついに実現する! 木村が演じるのは、戦闘班班長・古代進。さらに、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、西田敏行、高島礼子など、超豪華キャスト陣がヤマトに乗艦する!
監督を務めるのは「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴。また、日本最高峰のVFXチーム・製作プロダクションが、圧巻のCG映像を作り上げ、史上空前のスケールで映像化にあたる。

ストーリー

西暦2194年。外宇宙に突如現れた正体不明の敵・ガミラスによって投下された遊星爆弾により、人類の大半は死滅してしまう。 5年後、西暦2199年。地球は遊星爆弾の放射能によって汚染され、生き残った人間は地上を逃れ、地下で生活していた。かつてエースパイロットとして活躍した古代進も、いまは軍を退いていた。あるとき彼はイスカンダル星から放たれた通信カプセルを発見し、その星には放射能除去装置が存在することを発見する。地球防衛軍は最後の宇宙戦艦ヤマトを建造し、最後の希望=放射能除去装置を手に入れるため、遥かイスカンダルへ向けて出発する。地球滅亡までわずか1年。いま、古代たち乗組員の壮絶なる戦いが始まった。

スタッフ

監督・VFX:山崎 貴 原作:西義展 脚本:佐藤嗣麻子 音楽:佐藤直紀 主題歌:「LOVE LIVES」スティーヴン・タイラー(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル) 製作統括:信国一朗 企画: 中沢敏明/濱名一哉 エグゼクティブプロデューサー:飯島三智/阿部秀司/市川 南 プロデューサー:東 信弘/山田康裕/石丸彰彦/安藤親広 ラインプロデューサー:竹内勝一 撮影:柴崎幸三 照明:吉角荘介 録音:鶴巻 仁 美術:上條安里 装飾:中澤正英/龍田哲児 編集:宮島竜治 VFXディレクター:渋谷紀世子 音響効果:柴崎憲治 キャスティング:北田由利子 助監督:山本 透 製作担当:金子堅太郎 製作:映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」製作委員会(TBSテレビ/セディックインターナショナル/東宝/ロボット/ジェイ・ドリーム/博報堂DYメディアパートナーズ/小学館/毎日放送/中部日本放送/白組/阿部秀司事務所/TBSラジオ&コミュニケーションズ/TCエンタテインメント/TOKYO FM/東北新社/RKB毎日放送/北海道放送/ほかJNN全28局) 企画プロダクション:セディックインターナショナル 制作プロダクション:ロボット VFXプロダクション:白組 配給:東宝 

キャスト

木村拓哉 黒木メイサ 柳葉敏郎 緒形直人 西田敏行 高島礼子 堤 真一 橋爪 功 池内博之 マイコ 山崎努

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す