原題:Public Enemies

2009年7月1日全米公開

2009年/日本/カラー/140分/ 配給:東宝東和

2010年12月22日よりDVDリリース 2010年05月26日よりDVDリリース 2009年12月12日(土)より TOHOシネマズスカラ座他にて全国ロードショー

公開初日 2009/12/12

配給会社名 0002

解説


Public Enemy No.1(社会の敵ナンバー1)として最重要指名手配犯に指定されながらも、 大胆不敵に銀行強盗を繰り返し、「金持ちからしか奪わない」という美学とカリスマ性で、 一躍スーパースターとなった伝説の強盗ジョン・デリンジャー、その愛と野望の逃亡劇。

 ジョニー・デップ主演の超話題作『パブリック・エネミーズ』(東宝東和配給/北米:ユニバーサル・ピクチャーズ配給)の公開が2010年正月第一弾(12月12日・土曜日)に決定した。本作はマイケル・マン監督のもと、ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、そしてアカデミー賞女優マリオン・コティヤールが出演する超豪華な顔ぶれ。大恐慌時代の伝説的なアウトローであり、FBI史上初の「社会の敵ナンバー1(Public Enemy Number One)」に指定された犯罪者ジョン・デリンジャーを、同じイニシャル(J・D)を持つジョニー・デップが演じる、実話に基づく物語。北米では7月1日(水)に全米で公開され、5日間で40,141,080ドルという絶好のスタートを切った。

ストーリー

 警察をあざ笑うかのような鮮やかな犯罪の手口や、「汚れた金しか奪わない」「仲間は絶対に裏切らない」「裏切り者は絶対に許さない」「愛した女は最後まで守る」などといった独特の倫理観に基づく行動と高いカリスマ性で、銀行強盗でありながらアメリカ市民のヒーローとして今なお語り継がれる伝説の男・デリンジャーを、男の美学を追及する『ヒート』『コラテラル』の巨匠マイケル・マンが描く。競演には、洗練された立ち振る舞いで「FBIのクラーク・ゲーブル」と呼ばれ、デリンジャー逮捕に奔走するメルヴィン・パーヴィス捜査官をクリスチャン・ベイルが演じる他、デリンジャーを愛し、その後の彼の人生の方向を決定付ける重要な女性、ビリー・フレシェットをオスカー女優であるマリオン・コティヤールが演じる。

スタッフ

監督:マイケル・マン 脚本:ロナン・ベネット、マイケル・マン、アン・ビダーマン 製作総指揮:G.マック・ブラウン、ジェーン・ローゼンタール

キャスト

ジョニー・デップ クリスチャン・ベイル マリオン・コティヤール ビリー・クラダップ スティーヴン・ドーフ スティーヴン・ラング ジョヴァンニ・リビシ ロリー・コクレイン デヴィッド・ウェンハム スティーヴン・グレアム ジョン・オーティス チャニング・テイタム ジェイソン・クラーク

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す