つことがすべて 磯山香織    楽しいが一番 西荻16才

まっすぐって、ぶつかる。

性格も生き方も正反対の2人の道は、いつかどこかでつながっていく。

2010/日本/カラー/ビスタ/DTS/109分
配給:ゴー・シネマ

2010年11月03日よりDVDリリース
2010年4月24日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー

©2010映画「武士道シックスティーン」製作委員会

公開初日 2010/04/24

配給会社名 0943

解説


性格も生き方も真逆の2人が、真剣にぶつかりあう青春剣道ストーリー

3歳から鍛錬を積んできた剣道エリートの香織は、とある大会で無名選手の不思議な足捌きに惑わされて負けたことが忘れられず、その選手を追って強豪校に入学する。しかし再会した因縁の敵・早苗は、ほぼ実績ゼロ、剣道は楽しむのがモットーのお気楽少女だった! 拍子抜けしながらも、己の敗因を突き止めたい一心で早苗の天性の力を引き出そうとする香織。一方、香織の気迫に最初はタジタジだった早苗も真剣勝負の面白さに目覚めていく。鋼と柔、対照的な二人は最高の好敵手になれるのか?

成海璃子と北乃きいが巖流島で決闘!?

昼休みの友は「五輪書」と鉄アレイという孤高のサムライ女子高生・香織に『神童』『罪とか罰とか』『山形スクリーム』の成海璃子。とびきりの笑顔と天然パワーで香織を翻弄する早苗に『ハルフウェイ』『BANDAGEバンデイジ』の北乃きい。演技力、存在感ともに若手女優のトップを張る二人が、可愛らしい制服姿から一転、剣道着に身を包んだ瞬間、スクリーンに清冽な風が吹き荒れる! 巌流島の決闘さながらのクライマックスは圧巻だ。
その他のキャストには、剣道部の顧問に堀部圭亮。剣道部員に荒井萌、山下リオ、高木古都らブレイク寸前の新進女優たち。香織のよき相談相手である兄に石黒英雄。その兄の元ライバルで剣道少女たちの憧れの的に賀来賢人。そして主人公二人の成長を影から見守るそれぞれの父親役に小木茂光、板尾創路の個性派が扮し、物語に絶妙な奥行きを与えている。

誉田哲也による剣道小説の新しいバイブルを、
青春映画の旗手・古厩智之監督が完全映画化

人気急上昇中の作家・誉田哲也による同名の原作は、発売されるやいなや、「一気読みせずにはいられない本」として、青春小説ファンと剣豪小説愛好家の両方から熱烈な支持を得た作品である。そんな剣道モノの新しいバイブルともいえる小説を、『ロボコン』『さよならみどりちゃん』『奈緒子』『ホームレス中学生』など、等身大の良質な青春映画を次々にヒットさせてきた古厩智之が完全映画化。本作では、主人公二人の揺れ動く関係をユーモアを交えて描くと同時に、これまでになく大胆かつ繊細に剣道の魅力を表現している。すべての世代が共感できて、前向きな気持ちになれる清々しい武士道エンターテインメントがここに誕生した。

ストーリー





 磯山香織は、厳格な父のもとで剣道一筋に生きてきた中学チャンピオン。幼い頃から負け知らずだったが、とある大会で「東松学園 甲本」の垂れゼッケンをつけた同学年の選手にリズムを狂わされ、まさかの敗戦を喫してしまう。

 半年後。「甲本」を追って剣道の名門、東松学園の女子高等部に入学した香織は、初日の稽古で因縁の敵に再会する。ところが、両親の離婚により苗字が「西荻」に変わっていたその敵は、すっかり腰が引けており、ヘラヘラと逃げまどうばかり。拍子抜けした香織は苛立ちながらも、何とか西荻早苗の本来の強さを引き出そうと奮闘する。ついには父の道場に連れてきて半ば無理矢理にマンツーマンの稽古をつけ始めた。

 西荻早苗は、純粋に剣道が好きで、自分が楽しむために剣道を続けてきた少女。かつて科学者の父親が裁判に大負けして家族の暮らしが一変したという経験を持ち、勝ち負けにはこだわらないようにしている。そんな早苗にとって、勝つことしか頭にない香織は理解不可能だ。上級生を容赦なく撃破したり、休み時間には一人、鉄アレイを片手に読書—宮本武蔵の「五輪書」—にいそしむ香織は完全に周囲から浮いていた、自分とあまりにもちがう香織に興味を抱くようになった早苗は、修行の一環と称して、ケーキバイキングやゲームセンターに誘い出す。今まで全くそのような場所へ行ったことのなかった香織は不承不承ながらも着いて行くのだった。

 やがてインターハイの関東地区予選に向けて、香織は先鋒(団体戦で5人中一番先に戦う者)に、早苗は補欠に選ばれる。大会当日、順当に勝ち進む東松だったが、試合の合間に香織と早苗は口論になり、ふとしたはずみで香織が手首を捻挫してしまう。補欠の早苗が打った、「う邪心のないメン」は見事に決まり、インターハイの出場が決定する。早苗の「メン」をたたえながら、その日を境に香織の心情に変化が起き始めた。

 インターハイまで1月を切った。戦う理由を見失った香織は、怪我が完治しても稽古をさぼり、ついにレギュラーから外される。一方の早苗も、負けるのが怖くなり、今までのように無心で打つことができなくなっていた。何のために剣道を続けるのか、どうして勝敗にこだわるのか。答えを見つけようとしてもがく二人。そして……決着をつけるため、早苗は香織に果たし状を突きつける!

 決戦の日。巌流島を思わせる小高い丘で待つ早苗。はたして香織は現れるのか?

スタッフ

監督:古厩智之

原作:「武士道シックスティーン」誉田哲也(文藝春秋刊)

脚本:大野敏哉、古厩智之
主題歌:MiChi「Together Again」(ソニー・ミュージック アソシエイテッド レコーズ)

製作:和崎信哉、尾越浩文、北川直樹、久保田修
企画:中村理一郎
プロデューサー:井上衛、樋口慎祐 
スーパーバイジング・プロデューサー:青木竹彦、久保田修 
アソシエイト・プロデューサー:口垣内徹
撮影:清久素延(J.S.C.)
照明:川井稔
美術:須坂文昭、禪洲幸久
録音:渡辺真司 
編集:大重裕二
スクリプター:岩倉みほ子
VFXスーパーバイザー:西尾健太郎
音楽プロデューサー:安井輝
助監督:神徳幸治 
制作担当:齋藤大輔
音楽:上田禎
制作プロダクション:IMJエンタテインメント 
配給:ゴー・シネマ
宣伝:ミラクルヴォイス

キャスト

成海璃子
北乃きい

石黒英雄
荒井萌
山下リオ
高木古都
賀来賢人
波瑠
古村比呂
堀部圭亮
小木茂光
板尾創路

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す