原題:AVATAR

『タイタニック』から12年、巨匠ジェームズ・キャメロンが
驚異の映像で描き出す、究極の愛と感動の物語

2009年12月18日全米公開

2009年/アメリカ/カラー/162分/
配給:20世紀フォックス映画

2009年12月23日(水) TOHOシネマズ 日劇、他 全国超拡大ロードショー

© 2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.

公開初日 2009/12/23

配給会社名 0057

解説


アカデミー賞を総なめにした『タイタニック』で世界歴代興収記録1位を達成。映画史に金字塔を打ち立てたジェームズ・キャメロン監督が、構想14年&製作4年を費やした入魂作『アバター』。監督が創造した圧倒的なスケールと陶酔感のベースとなるのは、地球からはるか彼方の衛星“パンドラ”の神秘的な世界観。その豊かな大自然には未知の動植物が生息し、息を飲む幻想美と生命力に満ちあふれている。
最先端科学が生んだ自らの分身〈アバター〉を得た主人公ジェイクは、この星で想像を絶する冒険を経験し、あまりにも過酷な決断を迫られていく。その先に待ち受けるのは、パンドラとジェイクの命運をかけた最終決戦。ひとりの若者がひとつの星の〈希望〉を担う存在にまで成長を遂げる物語は、空前絶後のスケール感で展開しながらも熱い共感を呼び起こし、それが映画であることを忘れさせるほどのピュアな感動へと結実していく。
驚異の3D技術はスクリーンと客席の垣根をなくし、観る者をまったく新しい次元の映画体験へと誘う。映画が成しうるスペクタクルの極限をめざした『アバター』は、21世紀の革命的な超大作としてすべての観客を魅了し、至高の興奮をもたらすことだろう!

ストーリー






22世紀、人類は地球から遠く離れた衛星パンドラで〈アバター・プロジェクト〉に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体〈アバター〉を創ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘しようというのだ。この計画に参加した元兵士ジェイクは車椅子の身だったが、〈アバター〉を得て体の自由を取り戻す。パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリと恋に落ちるジェイク。しかし彼はパンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱き、この星の運命を決する選択を強いられていく……。

スタッフ

監督:ジェームズ・キャメロン
製作:ジョン・ランドー
音楽:ジェームズ・ホーナー

キャスト

シガーニー・ウィーバー
サム・ワーシントン
ゾーイ・サルダナ
スティーヴン・ラング
ミシェル・ロドリゲス
ジョヴァンニ・リビシ

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す