原題:Paris36/Faubourg36

『コーラス』製作ジャック・ペラン&クリストフ・バラティエ監督待望の最新作!

2008年/フランス・チェコ・ドイツ/120分/シネマスコープ/ドルビーデジタル/カラー/35mm/原題:『Faubourg 36』 配給:日活 宣伝:日活×アルシネテラン

9月5日よりシネスイッチ銀座、シネリーブル池袋、恵比寿ガーデンシネマほか全国順次ロードショー!

(C)Cos Aelenei

公開初日 2009/09/05

配給会社名 0006

解説


2005年に大ヒットした『コーラス』の製作ジャック・ペラン×クリストフ・バラティエ監督最新作で、2008年フランスで130万人動員の大ヒットを記録致しました英題『Paris36』の邦題を『幸せはシャンソニア劇場から』と決定し、シネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋ほかにて9月より公開されます。

舞台は1936年フランス、パリ北部の街角のミュージックホール。経済不況や、忍び寄る戦争の影を背景に、それでも力強く生きる親子、恋人、音楽仲間たちの人情味あふれるドラマが華やかな音楽と共にドラマチックに紡がれます。
親しみやすいミュージックホールの支配人を演じるのは『コーラス』、『バティニョールおじさん』でお馴染みのジェラール・ジュニョ。本作で”歌う”大型新人女優として、たちまち注目を浴びた若干19歳のノラ・アルネゼデールが華を添えています。

ストーリー

1936年パリ。 下町の人々から愛されるミュージックホール:シャンソニア劇場は、不況のあおりで不動産屋に取り上げられてしまう。劇場で働いていたピグワル(ジェラール・ジュニョ)の一人息子ジョジョ(マクサンス・ペラン)は、失業した父親を気遣い、街角でアコーディオン弾きをするが、補導されて再婚した母親の元へ無理やりに引き取られる。ピグワルは、仲間と劇場を取り戻そうと、オーディションに来た美しいドゥース(ノラ・アルネゼデール)の歌声を頼りに、再び公演を始めるが、頼りの彼女もすぐに去ってしまう。劇場は風前の灯火に。息子に会うことも許されず、沈むばかりのピグワル・・・。ある日、歌姫として成功したドゥースが突然戻ると、たちまち劇場に人が溢れ、母親の理解で再びピグワルの元に戻った、ジョジョも出演する新しいプログラムでシャンンソニアは見事に復活、毎夜満員の華やかな舞台が繰り広げられる。しかし、順風満帆で皆が浮かれる革命記念日の前夜、事件が起きて・・・。

スタッフ

監督・脚本:クリストフ・バラティエ  製作:ジャック・ペラン、ニコラ・モヴェルネ  音楽:ラインハルト・ワグナー 撮影:トム・スターン 

キャスト

ジェラール・ジュニョ カド・メラッド クロヴィス・コルニアック ノラ・アルネゼデール ピエール・リシャール ベルナール=ピエール・ドナデュー マクサンス・ペラン

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す