原題:Up

いくつになっても、旅に出る理由がある…。

第62回 カンヌ国際映画祭オープニング上映作品

全米公開:2009年5月29日

2009年/アメリカ映画/日本語字幕翻訳:石田泰子/上映時間:1時間43分/5巻2,812m/ドルビーSRD-EX/ビスタサイズ/ オリジナル・サントラ盤:ウォルト・ディズニー・レコード ゲームソフト:イーフロンティア/ノベライズ: 竹書房刊/ジュニア・ノベル:偕成社刊 配給:ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン

2015年11月18日よりDVDリリース 2009年12月5日(土)全国ロードショー

© WALT DISNEY PICTURES/PIXAR ANIMATION STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

公開初日 2009/12/05

配給会社名 0069

解説


 世界初の長編CGアニメーション映画『トイ・ストーリー』以降、『モンスターズ・インク』、アカデミー賞長編アニメーション賞に輝く『ファインディング・ニモ』『Mr.インクレディブル』『レミーのおいしいレストラン』『ウォーリー』など、常に驚きと感動を贈り続けてきたディズニー/ピクサー作品。その記念すべき10作目は、これまでの中で、最もイマジネーション豊かで、最も美しい映画となった。その名は、78歳のカールじいさんの愛と奇跡の冒険を描く、ディズニー/ピクサー初の3D作品『カールじいさんの空飛ぶ家』。

 78歳のカールじいさんは、亡き妻エリーとの思い出が詰まった小さな家で、ひとりっきりで暮らしていた。大切な家も生活も、全てを失いそうになったとき、彼は、人生最初で最後の旅を決意する。エリーとの約束を今こそ果たすため、家に無数の風船をつけ、思い出と一緒に家ごと大空へ飛び立った! その旅は、思いも寄らぬ冒険へ、そして予想もしなかった運命へとカールじいさんを導いてゆく‥。

 空を飛びたい。それは、子供の頃、誰もが一度は抱いたことのある夢。『カールじいさんの空飛ぶ家』は、その夢を大きくユニークに膨らませ、何万個もの色鮮やかな風船をつけて家ごと空に飛び立たせてしまった、誰も見たことのない心躍らせるファンタジー。旅の中に描き出されてゆくものは、人生そのもの。そして、愛だ。
 映画を輝かせるのは、空に飛び立つ主人公・カールじいさん。特別な才能があるわけでもなく、ヒーロ−なんかじゃない普通の老人。でも、ディズニー/ピクサー史上、最も複雑な心を持ち、最も存在感を感じさせる登場人物だ。頑固で気難し屋。そして、最愛の妻エリーとの思い出を大切に胸にいだいているロマンチスト。
 彼が、幼なじみだった妻のエリーと子供の頃に交わした約束。それは、地球上で最も美しいといわれる伝説の滝、パラダイス・フォールに彼女を連れて行くこと。だが、日常に紛れて、気がつけば沢山の年を重ねていた‥。エリーに先立たれ、ひとりぼっちで残されて人生に行き詰まった時、彼は一生に一度の決心をする。エリーと夢見た冒険の地へと旅にでよう、と。それも、思い出の詰まった家ごと空を飛んで‥。

 エリーとの愛情に満ちた過去の日々は、ドラマチックとはほど遠い、ささやかな日常の積み重ねだ。でも、だからこそ輝きを増して、観る者の心を揺さぶる。そして、愛する人が生きている間に約束を果たせなかったというカールじいさんの切ない想いが、まるで自分のことのように私達の胸を締めつける。これは、カールじいさんという長い人生を歩んで来たひとりの人間の物語。だが同時に、毎日何かを諦めながら「きっと、いつかは‥」と思って日常を生きている私達の物語でもある。
 色とりどりの風船が空に広がって陽光を受けて輝き、それに引っ張られて家が昇ってゆく時の高揚感。私達はカールじいさんの旅立ちに、エリーへの深い愛や、未来へと進む希望を見いだすことだろう。

 監督、脚本を担ったのは、『モンスターズ・インク』を監督したピート・ドクター。共同監督、共同脚本に、『ファインディング・ニモ』の脚本を手がけたボブ・ピーターソン。そして、製作総指揮には、ディズニー/ピクサー作品全てに携わってきたジョン・ラセターと、『ファインディング・ニモ』の監督を務めたアンドリュー・スタントン。ディズニー/ピクサーが誇る2つの感動作を創り上げた才能がタッグを組み、満を持して『カールじいさんの空飛ぶ家』を世界に飛び立たせた。

 そして『カールじいさんの空飛ぶ家』は、5月13日、アニメーション映画として、3D作品として、史上初めてカンヌ国際映画祭オープニング・ナイトを飾る快挙を成し遂げ、絶賛の嵐を巻き起こした。さらに、5月29日に全米で公開されるや、初登場No.1の大ヒットを記録。子供から大人まで、全ての人々の熱い支持を受け、メガ・ヒット作『ファインディング・ニモ』に迫るピクサー作品歴代2位の興行収入をたたき出している。

 人はいくつになっても、旅に出る理由がある。愛すること、生きること、そして人生を楽しむことを教えてくれる感動作『カールじいさんの空飛ぶ家』が、この冬、日本中を涙で優しく包み込む。

ストーリー

カール・フレドリクセンは78歳の孤独な老人。最愛の妻に先立たれ、彼女の思い出がぎっしり詰まったマイホームで一人暮らしをしている。彼には「いつか叶えよう」と亡き妻と誓った夢があった。それは、二人で素晴らしい冒険の旅に出ること。その夢が叶うことなく歳だけを重ね、住み慣れた我が家まで奪われそうになった時…カールは人生最初で最後の旅立ちを決意する。彼に残された唯一の宝であるマイホームに無数の風船をつけ、カールじいさんは家ごと空高く舞い上がった。空へ、妻と夢見た冒険の地を目指して──!  頑固だけど本当はロマンティストのカールじいさんは、これまでのピクサー・キャラクターの中でも最も存在感があり、最も奥深く、最もロマンティックで、しかも最もカワイイ…まさにピクサー最強のキャラクターだ。彼の冒険を彩るのは、息を飲むほどファンタジックな“空飛ぶ家”と、旅の道連れとなるおしゃべりな8歳のラッセル少年。さらに、ディズニー/ピクサーならではの愉快な脇役たちが続々と登場し、予測不可能なストーリーが展開していく。人生を語るにふさわしいシニアの方から、楽しいことが大好きな小さな子供たちまで、まさにオール・ターゲットと呼ぶにふさわしい究極のエンターテイメント・ムービーが誕生した。

スタッフ

監督:ピート・ドクター 共同監督:ボブ・ピーターソン プロデューサー:ジョナス・リヴェラ 製作総指揮:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン 原案:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン、トム・マッカーシー 脚本:ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター 音楽:マイケル・ジアッチーノ 編集:ケヴィン・ノルティング プロダクション・デザイナー:リッキー・ニエルヴァ スーパーバイジング・テクニカル・デイレクター:スティーヴ・メイ スーパーバイジング・アニメーター:スコット・クラーク キャラクター・スーパーバイザー:トーマス・ジョーダン

キャスト

(声の出演) カール・フレドリクセン:エド・アスナー ラッセル:ジョーダン・ナガイ ダグ:ボブ・ピーターソン トム(現場監督):ジョン・ラッツェンバーガー エリー(少女時代):エリー・ドクター カール(少年時代):ジェレミー・レアリー チャールズ・マンツ :クリストファー・プラマー

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す