原題:LOOK

全米3000万台の監視カメラが捉えた、衝撃の決定的瞬間!
人々は安全と引き換えにプライバシーを捨てた。

2007年シネべガス映画祭作品賞受賞
2007年ローン・スター国際映画祭特別審査員賞受賞
2007年AFIロサンゼルス国際映画祭正式出品作品
2007年シカゴ国際映画祭正式出品作品

2007年/アメリカ/カラー/102分/R-15
配給:トルネード・フィルム、AMGエンタテインメント

2009年02月27日よりDVDリリース
2008年9月6日(土)より、シネセゾン渋谷にてレイトロードショー

(C)2007 Captured Films,LLC  

公開初日 2008/09/06

配給会社名 0633/0644

解説


9.11テロ以後、人々は安全と引き換えにプライバシーを捨てた。

今やアメリカでは防犯のため全国に3,000万台以上の監視カメラが設置され、毎週40億時間の映像が記録され続けている。アメリカ人の71%がカメラの増加に賛成し、37の州で試着室やトイレにまでカメラを設置することを許可している。その結果、アメリカ人は1日平均200回以上監視カメラにその姿を撮影されている。

数々の映画祭で絶賛された映画史上最もリアルな人間ドラマ!赤裸々な人間たちの真実がここにある!!

『LOOK』は、映画史上初めて全編監視カメラによる映像を使用し、通常の映画では決して描かれることのない衝撃的なプライバシー映像や、事件、事故の決定的瞬間の数々を構成して都市に生きる人々のリアルな日常を描いて人間の本質を鮮やかに浮かび上がらせるドキュメンタリーを超えた驚異のハイパー・リアリティ・サスペンス。監督は『ワンダーアーム・ストーリー』や『デトロイト・ロック・シティ』など、オフビートで独創的な作品群で、カルト的な人気を誇る鬼才アダム・リフキン。ロバート・アルトマンの繊細な人物アンサンブルに、マイケル・ムーアの社会的メッセージを込めたドキュメンタリー手法の良さを包括した斬新で挑戦的な映像表現で、シネベガス国際映画祭作品賞、ローン・スター国際映画祭特別審査員賞をはじめ、数々の国際映画祭で賞に輝いた傑作であると同時に、そのあまりにも刺激的な内容が大きな論争を巻き起こしている超問題作である。

監視カメラが捉えた衝撃の決定的瞬間!
テレビでは放映できない危険映像の数々!!

アメリカ某都市。強盗、殺人、幼児誘拐、セクハラ、不倫、淫行、いじめ、噂、悪口、衝突事故、追跡中継、爆弾処理、映画撮影…。警官を殺し、逃亡しながらさらに犯罪を続ける2人組の強盗。ショッピング・モールで幼い子供を物色し付きまとう男。職場の女性従業員たちを手当たり次第誘惑し、セクハラを行うデパートのマネージャー。幸福な家庭を持ちながら、同性愛の恋人との情事を楽しむ弁護士。ロック・スターを夢見ながら深夜に働くコンビニの店員。担任教師と寝るために猛烈なアタックを繰り返す早熟な女子高生。一度の過ちですべてを失う高校教師…。愛憎と欲望が交錯する大都会は今日も眠らない。

そこではすべてが起こり、すべてが監視カメラで記録されている。

ストーリー

スタッフ

監督:アダム・リフキン
製作:ブラッド・ワイマン、バリー・シュラー
製作総指揮:ドナルド・カシュナー、リチャード・ビショップ ライン・プロデューサー:アルウィン・ハイト・カシュナー
撮影監督:ロン・フォーサイス
編集:マーティン・アペルバウム
音楽:BT
視覚効果監督:スコット・ビラップス
提供:AMGエンタテインメント 

キャスト

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す