信じたのは、仲間の心。
日本地図最後の空白地点、剱岳の頂上を目指せ

2009年/日本/カラー/??分/
配給:東映

2009年12月11日よりDVDリリース
2009年6月20日(土)公開

(C)2009『劔岳 点の記』製作委員会

公開初日 2009/06/20

配給会社名 0004

解説



 明治40年(1907年)、その険しさから「針の山」、宗教上の理由から登ってはならない「死の山」と言われてきた前人未踏の山に、不屈の闘志、献身の心、友情の絆を信じて挑んだ男たちがいた——。
 日本地図完成のための劔岳初登頂という史実をもとに執筆された新田次郎の小説「劒岳 点の記」は、明治人の高潔な生き様を記した新田文学の白眉といわれている。舞台となる明治40年から100年以上を経た2009年、この作品が映画として蘇る。
 監督・撮影をつとめるのは『八甲田山』『駅 STATION』『火宅の人』『鉄道員(ぽっぽや)』など、数々の名作を手がけてきた日本を代表するキャメラマン・木村大作。この物語に「失われつつある日本人の持つべき魂の姿がある」と、50年の映画人生をかけて取り組んだ。本作はキャメラマン・木村大作にとって50本目の作品であると同時に、木村の初監督作である。
 その木村の真摯な気持ちに応えて、浅野忠信、香川照之、松田龍平、宮崎あおい、仲村トオル、役所広司と、日本を代表するキャストが揃った。
 撮影は、延べ200日以上を費やし、厳しい自然環境劔岳・立山連峰各所でのほぼ順を追ってのロケを敢行、大自然とそこに挑む人間の姿をフィルムに焼き付けた。
 音楽は、黒澤明作品をはじめ数多くの映画音楽を手掛ける池辺晋一郎を音楽監督に迎え、木村監督自ら選曲したクラシックの名曲の数々が全篇を彩る。
 最高の映画キャスト・スタッフの力が集結してのみ達しうる“奇跡の映画”が、ここに誕生した。

ストーリー










陸軍陸地測量部の柴崎芳太郎は、日本地図最後の空白地点を埋めるため、「陸軍の威信にかけて劔岳の初登頂と測量を果たせ」という命令を受ける。
富山に向かった柴崎は、案内人の宇治長次郎と劔岳の調査に入るが、謎めいた行者の言葉以外、登頂への手掛かりすら掴めずに下山する。翌明治40年。
測量隊総勢7人で劔岳周辺に三角点を設置していき、ついに劔岳に臨む。しかしガレキだらけの尾根、雪崩や暴風雨に続く困難に次ぐ困難が、測量隊の行く手を阻む。
命をさらしてまで、測量する意味はあるのかという迷いも7人の胸中によぎる。
一方、創立間もない日本山岳会も、小島烏水らが最新の登山道具を揃え、劔岳山頂を目指していた。
今一度仲間としての結束を訴える柴崎。果たして、柴崎たちは、無事劔岳山頂に立ち、地図作りの任務を果たすことができるのか。

スタッフ

原作:新田次郎「劔岳 点の記」(文春文庫刊)
監督:木村大作
脚本:木村大作・菊池淳夫、宮村敏正
プロデューサー:坂上順(東映)、亀山千広(フジテレビ)

キャスト

柴崎芳太郎:浅野忠信

宇治長次郎:香川照之
生田 信:松田龍平
柴崎葉津よ:宮?あおい
小島烏水:仲村トオル
古田盛作:役所広司

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す