離婚からすべてが始まった。

2008年/日本/カラー/105分
配給:エスピーオー

2009年01月23日よりDVDリリース
2008年8月16日(土)より、シネマート新宿他にて全国ロードショー

(C) 2008「同窓会」製作委員会

公開初日 2008/08/16

配給会社名 0116

解説




<初恋を実らせた二人の、離婚から始まる≪自分リセット・ムービー≫!>
30代も半ばを越え、映画人になるユメも叶えて自力で立ち上げた映画製作会社も順調!
高校の頃から恋焦がれていた雪とも初恋を成熟させ結婚。調子に乗って女優とちゃっかり浮気したりして……。そして何気なく言い出した離婚を雪があっさり承諾!おまけになぜかうまくいっていたはずの仕事も下降線……。ひょっとして、俺ってすべてをなくしてしまったの?そんな時、俺を救ったのは故郷・島原の旧友たち。皆がいればあの頃にもう一度戻ることができるかもしれない!

<人の心をわしづかみする、切なさと笑いのビッグウェイブ!今、もっとも注目されている脚本家・サタケミキオ初監督作品>
ドラマ「花より男子2」で脚本家として2007年俄然注目を浴びたサタケミキオ。“笑って泣けるウェルメイドプレイ”が持ち味の劇団「東京セレソンデラックス」主宰。見るものの心をわしづかみにするサタケ・ワールドを創り上げ、テレビ・映画界にも進出を果たした稀代の才人。さらには宅間孝行という名で自分自身の描くサタケ・ワールドを創造する俳優としても活動しながら、2008年、いよいよ満を持しての映画監督に挑む!

<ウェルメイドな脚本だから集まった豪華な出演陣!>
以前より「東京セレソンデラックス」の舞台を見ていたという永作博美。『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で2007年度映画賞を総なめにし、『人のセックスを笑うな』で可愛らしい大人の女性をとして幅広い男女に絶大な支持を得る彼女が、本作では主人公の初恋の人・雪役で一途な妻をキュートに演じる。ほか『バベル』の二階堂智が人情に厚いヤンキー幼なじみを、鈴木砂羽がクールな姐御肌キャリアウーマンを熱演。「東京セレソンデラックス」でおなじみの飯島ぼぼぼ、ほかゲスト出演として、笑福亭鶴瓶やうつみ宮土理、中村獅童、戸次重幸、渡辺いっけい、片桐仁、佐藤めぐみ、兵藤ゆきなど、人気演技派たちが顔を揃える。

<なつかしの駄菓子屋、チェリオ、「そして天才・たけしの元気が出るテレビ!!」80’sな青春が今よみがえる>
懐かしいヤンキー高校生、そして初恋。「勇気を出して初めての告白」で大人気だった「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」のゆきねえ。帰り道の駄菓子屋でチェリオを飲んで初恋相手に告る相談をしちゃったりなんかして……。70年代生まれなら誰もが経験した、携帯もメールもない昭和な青春時代よ!カムバーック。

<かっつのふるさと・長崎県島原市。ノスタルジックな九州の美しい風景と優しい方言>
主人公のかっつが、大学進学で東京に上京するまでを過ごした故郷・島原はキラキラした青春時代として描かれる。大好きな雪にラブレターを渡そうとして水路に落ちてしまう武家屋敷、そして恋敵・入山が、なぜか「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の「勇気を出して初めての告白」に出演してしまうロケ現場の島原城。結婚式が行われる教会。そして、「長崎弁がちょっと恋しい」と永作博美が漏らした方言も欠かせない魅力のひとつ。気心知れた旧友たちとの思い出の数々と故郷の温かさが、この映画の魅力のひとつとなっている。

ストーリー

勘違いは人生最高の悲劇であり喜劇である──
映画プロデューサーの南克之(宅間孝行)は年下の新進女優、大崎めぐみ(佐藤めぐみ)とお気楽な不倫関係を楽しんでいた。高校時代の恋を実らせて結婚した妻、雪(永作博美)との間に子宝は恵まれず、離婚があっさり成立する。それを聞いた同級生の浪越文太(二階堂智)は大激怒。文太は雪に片想いするも“相手が親友のかっつ(克之)だから”と諦めた過去があったのだ。“かっつの根性を叩き直してやる!”と勢いこむ文太は、地元長崎にいる“わだまさ”こと和田政子(阿南敦子)や“とねいち”こと利根川一(飯島ぼぼぼ)らを集めるが腹の虫は収まらない。雪は地元の同級生でいまは東京の出版社で働く親友の“ひめ”こと石川えり(鈴木砂羽)を心の支えに新たな一歩を踏み出そうとする。しかしそんな雪の体に異変が起こる……。

一方、克之が経営する小さな映画会社「サウスピクチャーズ」に大きなチャンスが訪れる。ヒットを予感させる原作の映画化権の獲得に成功したのだ。克之ははりきって製作に取り掛かるが、脳裏に浮かぶのは12年前のこと。プロデューサーとしての夢をかなえた唯一のヒット作『裸の王女様』を完成させたときの雪の笑顔だった。新作への思いを新たにした克之は、ロケの手配をするために地元の長崎へ飛ぶ。実家に立ち寄り、父ひろし(笑福亭鶴瓶)と母美佐子(うつみ宮土理)に遅い離婚報告を済ませる。部屋には映画監督を夢見ていた若き日の自分が残した8ミリフィルムや、渡せなかった雪への不器用なラブレターがあった。克之は、キラキラしていた高校時代を回想する。

──20年前の高校時代。克之(兼子舜)は映画研究会に所属し、ヤンキーの文太(渡辺大)らに振り回される日々。友永雪(尾高杏奈)への愛の告白を夢見るが、雪はいつも中垣(窪田正孝)と行動を共にしていて付け入る隙がない。告白する勇気がないまま卒業するが、その13年後に開かれた同窓会をきっかけに克之と雪は交際を始める。でも雪を好きになればなるほど、克之のなかで中垣の存在は大きくなっていく。結婚してからも、その思いは消えなかった。雪がいつまでも中垣から贈られたらしい万年筆を大切にしているのも、その思いを加速させていく。

──現在。新作の製作に奔走する克之だが、映画会社が危機に陥ってしまう。さらにえりからし衝撃的な連絡が。雪は重い病に掛かっていて、余命いくばくもないというのだ。克之は雪の元へ走った……。

スタッフ

監督・脚本:サタケミキオ

原作:サタケミキオ「同窓会」(講談社刊)

製作:中島一郎/宮崎恭一/香月淑晴/嶋浦屋宏/気賀純夫/國枝信吾/竹田富美則
エグゼクティブプロデューサー:長谷川誠
企画:佐々木志郎/林哲次
プロデューサー:伊藤秀裕/渡辺武
共同プロデューサー:小野誠一/林裕之/角猛/小林俊史

撮影:小松原茂
照明:才木勝
録音:吉田憲義
美術:大庭勇人
衣裳・スタイリスト:宮田弘子
編集:太田義則
助監督:仰木豊
制作:村瀬正憲

音楽プロデューサー:伊藤薫(シックスティフォーカンパニー)/柴野達夫
音楽:矢田部正/西田和

制作協力:東京セレソンデラックス
制作:エクセレントフィルム
製作:ロックス/ザックコーポレーション/エスピーオー/ジェネオン エンタテインメント/デジタルアドベンチャー/テレビ大阪
配給:エスピーオー

キャスト

南克之(かっつ):宅間孝行
友永雪(ゆき):永作博美

石川えり(ひめ):鈴木砂羽
浪越文太(ぶんちゃん):二階堂智
和田政子(わだまさ):阿南敦子
利根川一(とねいち):飯島ぼぼぼ

ゆき(高校時代の友永雪):尾高杏奈
かっつ(高校時代の南克之):兼子舜
ぶんちゃん(高校時代の浪越文太):渡辺大

宮内:西村清孝
スター男優:北村一輝
大崎めぐみ:佐藤めぐみ
中垣健太郎:伊藤高史
ウェイター:戸次重幸
居酒屋の客:片桐仁
市長:渡辺いっけい
ゆき姐:兵藤ゆき
戸籍係:中村獅童

南美佐子(克之の母):うつみ宮土理
南ひろし(克之の父):笑福亭鶴瓶

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す