あなたは、特命係最大の事件の目撃者になる。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2008<招待部門>正式出品

2008年/日本/カラー/117分/
配給:東映

2008年10月22日よりDVDリリース
2008年5月1日、ロードショー

(C)2008「相棒ー劇場版ー」パートナーズ

公開初日 2008/05/01

配給会社名 0004

解説



頭脳明晰な杉下右京と熱血漢の亀山薫。警視庁の窓際部署”特命係”のふたりが、抜群のコンビネーションで難事件の真相を解明していく人気の刑事ドラマ「相棒」が、ついに映画化された!今回の『相棒—劇場版—』は、不可解な記号が残された連続殺人事件が物語の発端。右京の推理と薫の行動力で犯人の狙い突き止めるが、仕掛けたられた罠は右京の推理を上回る巧妙さだった!
右京と薫を演じるのは水谷豊と寺脇康文。鈴木砂羽、高樹沙耶、岸部一徳をはじめ、実力派レギュラーキャストたちは、テレビシリーズで育ててきたキャラクタターをより深みのある演技で魅せる。また、木村佳乃・西村雅彦・原田龍二・松下由樹・津川雅彦といった準レギュラー陣、更には本仮屋ユイカ・柏原崇・平幹二朗・西田敏行がSPゲストとして作品に参加、物語をさらに盛り上げていく。
監督は、シリーズを立ち上げから手がけ、その世界観を確立した和泉聖治。映画『UDON』などで活躍、シリーズ中でも人気の高い話数を担当している戸田山雅司が脚本を手がける。
テレビシリーズで培ったチームワークを活かした撮影は、2007年6月5日にクランクインし、8月5日にクランクアップ。「相棒」の魅力をさらにスケールアップしたスピーディな展開とアクション、芳醇な人間ドラマと社会性を兼ね備えた極上のエンターテイメントの誕生だ。

ストーリー



謎の記号から始まる首都壊滅のカウントダウン
浮かび上がる巧妙に仕組まれた爆破計画!?

東京郊外の巨大なテレビ塔で元人気ニュースキャスターの仲島孝臣の死体が発見された。現場には「f6」という謎の記号が——。
警視庁特命係の杉下右京と亀山薫は、刑事部長らから、小包爆弾のターゲットとなった衆議院議員の片山雛子の護衛を命じられた。雛子は爆発物で襲われるも、無事に海外視察に出立。襲撃現場には「d4」の記号があった。
    
右京と薫は、会員制webサイトSNS内に「処刑リスト」と名づけられた掲示板があることを知り、仲島と雛子の事件が予告殺人だったことを突き止める。さらに、2週間前に交通事故死していた来生判事の名前もリストに連ねられ、その事故現場から「e4」の記号を発見した右京は、それらの暗号がチェスの手を示す棋譜の記号で、一連の事件は連続殺人であると確信する。
    
手詰まりとなった捜査一課をよそに、右京は「処刑リスト」サイトを管理者から乗っ取ったという正体不明の人物のアドレス「stalemate@hot-free.net」にあてて、次の一手をメールしていた。意外にも返事があり、そのまま真剣勝負の対局へ。薫らが見守る中、ついに右京が「チェックメイト」を告げる。そしてその投了図から驚愕の事実が発覚!それは未曾有の大事件の始まりだった。右京と薫が史上最大の難問に挑む!!

スタッフ

監督:和泉聖治
脚本:戸田山雅司

キャスト

水谷豊
寺脇康文
鈴木砂羽
高樹沙耶
岸部一徳
木村佳乃
西村雅彦
原田龍二
松下由樹
津川雅彦
本仮屋ユイカ
柏原 崇
平幹二朗
西田敏行

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す