演劇と映像の新感覚エンターテインメント《ゲキ×シネ》最新作

2004/日本/カラー/ 配給:イーオシバイ

2016年4/16(土)〜4/22(金)ゲキ×シネ☆東劇セレクション 2016 春にて公開 2004年07月28日よりDVDリリース 2008年10月11日(土)〜17日(金)、ゲキ×シネ ツアー2008、T・ジョイ出雲にて上映! 2007年2月24日(金)〜3月2日(金)、ゲキ×シネ全4作品、07年2月、東京・新宿バルト9にて1ヶ月連続上映

(c)2005 松竹/ヴィレッヂ

公開初日 2007/02/24

公開終了日 2007/03/02

配給会社名 0654

解説


劇団☆新感線と商業演劇の雄・松竹が手を組んで生み出した『InouekabukiShochiku-mix』。“いのうえ歌舞伎”に、歌舞伎役者・市川染五郎を迎えるという夢のようなコラボレーションは、“新感染”とも呼ばれ人気を博している。2004年秋、満を持して登場した新感染第4弾が『髑髏城の七人〜アオドクロ』である。ゲキ×シネ第2弾としても全国12都市で上映。

ストーリー

時に天正十八年、織田信長が倒れはや八年。天下統一は豊臣秀吉の手でなされようとしていた。唯一関東を除いては。黒甲冑身を包んだ武装集団“関東髑髏党”の首魁、自らを“天魔王”と名乗る仮面の魔人とその拠城—“髑髏城”。彼らの支配下にある関東平野に、奇しき縁にあやつられるかのように集まる者たちがいたー。※『髑髏城の七人〜アカドクロ』の項目もご参照下さい。

スタッフ

作: 中島かずき 演出: いのうえひでのり

キャスト

市川染五郎 鈴木杏 池内博之 ラサール石井 高田聖子 三宅弘城 粟根まこと 高杉亘 川原和久 佐藤アツヒロ

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す