原題:The Man Who Knew Infinity

2016年4月8日全米公開

2016年/アメリカ/カラー/108分 配給:KADOKAWA

2016年10月22日(土)角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、角川シネマ新宿他全国ロードショー

© 2015 INFINITY COMMISSIONING AND DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.(c)Richard Blanshard

公開初日 2016/10/22

配給会社名 0058

解説


イギリス、アメリカ、世界がふたりの友情に涙した──
国籍も身分も違う、正反対の天才が証明した「奇蹟」と「友情」
歴史的数式証明の知られざる実話を描いた感動作。

英国人数学者のハーディと、インドの名もなき事務員ラマヌジャン──生まれも境遇も全く違う二人の天才が出会い、世界を変える奇蹟を起こした実話が映画化された。
独学で数学を学び、数学解析、数論、無限級数および連分数において数学界に多大な貢献をもたらした“アインシュタイン並みの天才”と称えられるラマヌジャンを、『スラムドッグ$ミリオネア』のデヴ・パテルが熱演。インドの神々から守られていたに違いない、神秘的な存在感を見事に体現した。英国人数学者G.H.ハーディにはアカデミー賞®俳優のジェレミー・アイアンズ。ラマヌジャンをこの世に見出し共同研究に人生を懸けた英国紳士をエレガントに演じた。
映画は、舞台となるケンブリッジ大学の最高峰トリニティ・カレッジの全面協力により、映画として初めて当カレッジでの撮影が実現。荘厳な知性の殿堂を舞台に、葛藤の果てのかけがえのない友情が生んだ歴史的瞬間がドラマティックに再現される。さらに、インドのエキゾチックな寺院や壮大な自然を背景に、成功の裏に秘められた、ラマヌジャンの望郷の念と妻への愛を描き切った。
また、解禁となったビジュアルは、ケンブリッジ大学の荘厳な建物を背景に、パテル演じるラマヌジャンの手のひらからたくさんの数式が溢れ出し、それを慈しむように優しい笑顔で見つめる表情が印象的だ。そして彼を支えるふたりの人物も捉え、作品さながら優しさと清々しさに満ちたデザインに仕上がった。
二人が発見した、人生で最も素晴らしいものとは? その答えが待つ胸を揺さぶる感動のラストをあなたに──。

ストーリー

1914年、英国ケンブリッジ大学G.H.ハーディ教授のもとに、遠くインドから一通の手紙が届く。差出人はマドラス港の事務員ラマヌジャン。手紙には驚くべき“発見”が記されていた。生まれも境遇も全く違う二人の天才が出会い、世界を変える<奇蹟の数式>を証明した実話が映画化。独学で数学を学び、“アインシュタイン並みの天才”と称えられたラマヌジャンと、ケンブリッジの最高峰トリニティ・カレッジで共同研究に人生を懸けた、もうひとりの天才が発見した、人生で最も素晴らしいものとは?その答えが待つ胸を揺さぶる感動のラストに涙と喝采が止まらない─。

スタッフ

監督:マット・ブラウン

キャスト

デブ・パテル ジェレミー・アイアンズ

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す